トレース。

trace:[1]跡, 足跡; 痕跡, 形跡 [2]少量, ほんのわずか, 気味
<< お絵描きソフト「SAI」 | main | 替え芯 >>
いわゆる"デッサン"って難しい。
「デッサン」と聞くと、二つの意味が思いつきます。

一つは、芸大受験などで勉強する、モチーフを木炭やエンピツで描くこと。
もう一つは、マンガやイラストを描くときの、人体のバランス。

Yahooの辞書で調べてみると、
[デッサン]
木炭・コンテ・鉛筆などで描いた単色の線画。普通、作品の下絵として描かれる。素描。

とあります。

正しい意味で考えると、イラストなどで「デッサンが狂った」という表現はなんだかおかしいように思えます。


…なんてウンチクはどーでもいいんですが。


本題。

人物のイラストを描こうと思うとき、いわゆる「デッサン」はとっても難しくて、満足したためしがない!
描いたその時は「よく出来た」なんて思うのに、一晩寝ると「どこかおかしい…」となるわけです。

とりわけ、アオリやフカン、ヒネリのあるポーズ、関節部分、顔のバランスなど…。描きやすい角度や構図ってのが、どうしてもワンパターンになってしまったり。
これはつまり、人体そのものの構造がわかってないからだ!
…と、今頃実感したりしなかったり。

とは言うものの、骸骨やら筋肉やらを念入りに勉強しても、なかなか頭に入らないし、何より複雑すぎてワケがわからなくなってしまう…。

で、最近見つけたサイトがとても参考になると思うのでご紹介。
(前置きが長いな、をぃ。)

hitokaku

デッサン(素描)の基本から、人体の大まかな構造の掴み方などが、簡潔に解説されていて、とても参考になると思います。
Yahooブックマークに入れてみたところ、500人以上がブックマークしているので、有名なサイトのようですが。

ただ立っている人を描く、と言う場合も、このサイトを参考にして描いてみると少し上達した気分になれる…と思います。


とにもかくにも、芸大受験のデッサンもイラストも、描いた数だけ熟成され味わい深くなっていくはず…。

大事なのは、今の力に満足するのではなくより良い表現を見極めていく事であり才能なんてのは3の次4の次だ!!!!
…と自分を慰めつつお絵描きを楽しみましょー。

(…なんだ、このオチは…orz)
2007.08.31 Friday | tool & tips | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする
※ランキングなどへのお誘いはご遠慮下さい。









この記事のトラックバックURL
http://junk.cronus-rot.com/trackback/62823
トラックバック
■CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
■CATEGORIES
■SELECTED ENTRIES
■ARCHIVES
■LINKS
■RECENT COMMENT
■RECENT TRACKBACK
■RECOMMEND
■CONTACT
Powered by SHINOBI.JP
■PROFILE
-Grand Mobius-