トレース。

trace:[1]跡, 足跡; 痕跡, 形跡 [2]少量, ほんのわずか, 気味
<< テクスチャで遊んでみよう。 | main | イラスト投稿サイト pixiv >>
テクスチャのススメ。
さて。今夜のお絵描きは仕事用エロ絵だったので公開は控えることとして。
昨日のテクスチャ遊びを再度ご紹介。

パソ絵を描くなら、パソ絵ならでは遊びも楽しいものです。
フリーのテクスチャ配布サイトなどで適当なものを拾ってきて、合成して遊んでみましょー。


まず、SAIやフォトショなどでお絵描きをします。
あまり細かいところまで描き込まず、ざっくり形になってきたところで合成し、仕上げの微調整をするのがオススメ。
でないと、テクスチャの質感によっては描き込んだ細部が潰れてしまう事もあるので。何度も思うような仕上がりになるまでやり直しが出来るのも、パソ絵の利点ですね。優柔不断な私にはピッタリ。

で、絵を準備しました。


次に、適当なテクスチャを準備します。
仕上がりを予想して、好みの質感を探します。今回は、和紙というか…紙っぽい雰囲気にしたいので、こんな感じで。
どこが和紙やねん!…という感じですが。


テクスチャとしてもう一つ。先ほど選んだテクスチャに、フォトショのフィルタ「エンボス」をかけます。デコボコの強さはお好みで。


テクスチャとイラストを合成します。
レイヤー1:生テクスチャ(?)
重ね方⇒通常
透明度⇒10%

レイヤー2:生テクスチャ
重ね方:オーバーレイ
透明度⇒23%

レイヤー3;エンボステクスチャ
重ね方⇒オーバーレイ
透明度⇒23%

レイヤー4:イラスト
重ね方⇒通常
透明度⇒100%

こんな風に重ねてみました。重ね方や透明度は、好みの仕上がりになるようにイロイロ試します。
オーバーレイ・覆い焼きあたりが使いやすいのかなァ…。バージョンにもよりますが、新しいモノほど選択肢が多いので、実験してみるのがよろしいかと。

レイヤーで重ねた後は、顔などイラストのディティールが潰れてしまう箇所をマスクで効果を薄めるなど微調整を行います。

最後に、全体の色調を微調整して完成。


今回使ったテクスチャは、「Free Textures from TextureKing」というサイトから拝借しました。
Googleなどで、「texture free」で検索するとイロイロでてきます。
また、空や地面、植物などを写真に撮ってテクスチャにするのも楽しそうですねー。


ではでは。今日はこの辺で。
2007.09.13 Thursday | tool & tips | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする
※ランキングなどへのお誘いはご遠慮下さい。









この記事のトラックバックURL
http://junk.cronus-rot.com/trackback/214571
トラックバック
■CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
■CATEGORIES
■SELECTED ENTRIES
■ARCHIVES
■LINKS
■RECENT COMMENT
■RECENT TRACKBACK
■RECOMMEND
■CONTACT
Powered by SHINOBI.JP
■PROFILE
-Grand Mobius-